一球入魂’s diary

一球入魂’s diary

主に『パワプロ2016』で作成した選手のパスワード・パワナンバーを公開するブログです。

広島東洋カープ 坂倉将吾

広島東洋カープの2016年ドラフト4位入団

坂倉将吾選手です。
※成長タイプ『晩成』

公式の能力値に納得がいかず、ロマン査定で強化版を作成しました。

f:id:negaigoto330:20180704100931j:plain

f:id:negaigoto330:20180317175425j:plain

f:id:negaigoto330:20180317175428j:plain

f:id:negaigoto330:20180317175432j:plain

2017年度ファーム(二軍)成績
99試合 .298(285-85) 1本 34打点 13盗塁
三振42(.147) 四球25 出塁率.359(IsoD.061) 長打率.400 OPS.759

 
基礎能力
打撃力は、上述した通り、公式査定よりかなり盛りましたが坂倉選手はこの能力まで十分に化ける選手だと思います。スイングの鋭さ、強烈な打球の速さ等を見れば、同じ捕手の中村選手(ヤクルト)里崎選手(ロッテ)に近いものを感じます。何より三振が少ない事がミート力の高さの証ではないでしょうか。
二塁送球1.8秒の強肩と、キャッチングの上手さに定評がある為守備力も高い数値に設定しました。尚、走力B(71)は公式査定通りです。

特殊能力
盗塁C
99試合で盗塁13個を記録。

走塁B 積極走塁
ほとんどイメージ査定でしかありませんが、動画を確認したところベースランニングがとても速いのです。また、本人が話していた「点に絡む走塁ができるよう、細かいところもやれるようにしたい」という内容から走塁に対しての意識と意欲が高い選手だと思います。

キャッチャーC
投手の良さを引き出す配球観察眼はスカウトから高い評価を得ていました。

粘り打ち 選球眼
IsoDは.061と平均的な数値ですが、三振率の低さ(.147)を考えてこの2つの能力を付けました。