一球入魂’s diary

一球入魂’s diary

主に『パワプロ2016』で作成した選手のパスワードを公開するブログです。

【OB選手・MLB時代再現】斎藤 隆(パワプロ2016パスワード)

ご訪問ありがとうございます。

OB選手の公開です。

斎藤 隆(さいとう たかし)
f:id:negaigoto330:20181008145812j:plain

投手・右投左打

※プロ年数・年齢は、MLB移籍1年目の2006年当時の設定にしました。成長タイプ『超晩成』

 

f:id:negaigoto330:20181008145849j:plain

f:id:negaigoto330:20181008150255j:plain

f:id:negaigoto330:20181008150259j:plain

f:id:negaigoto330:20181008150304j:plain


記事内INDEX


 

 

MLBに名前を刻んだ日本人クローザー

横浜ベイスターズで優勝・日本一に貢献した98年から7年後の2005年、「たった一度でもいいからメジャーで投げたい」と家族を説得し、メジャーリーグ挑戦。
2006年2月にロサンゼルス・ドジャースマイナー契約を結び、同年4月にメジャー昇格を果たします。
斎藤選手の武器である鋭いスライダーがMLBのストライクゾーンにとても有効で、日本時代は苦手としていた左打者にも、バックドア(外角のボールゾーンから内側に変化しストライクゾーンに入る球)を効果的に使うことで優位に対戦できる様になりました。球速も大幅にアップし、平均球速150km/h・MAX159km/hを記録する怪物ぶりで、監督から「斎藤をクローザーに持つという事は、銀行に貯金がたくさんある事と同じ。」と絶賛されていました。
初セーブ機会からの救援成功率メジャー歴代1位を記録する等、日本人メジャーリーガー史上でも屈指の名選手だと思います。

 

経歴

東北高等学校
東北福祉大学
1991年ドラフト1位
1992~2005 横浜大洋ホエールズ横浜ベイスターズ
2006~2008 ロサンゼルス・ドジャース
2009 ボストン・レッドソックス
2010 アトランタ・ブレーブス
2011 ミルウォーキー・ブルワーズ
2012 アリゾナダイヤモンドバックス
2013~2015 東北楽天ゴールデンイーグルス

 

成績

NPB通算

登板403(先発208) 1575.0回 防御率3.75 91勝 81敗 55S 14H
完投30 完封8 奪三振1331(率7.61) 四球457(率2.61) 死球67 暴投28
本塁打179(率1.02) 被安打1498 失点715 自責点657 whip1.24

 

MLB通算(2006年~2012年)

登板338 338.0回 防御率2.34 21勝 15敗 84S 40H
完投0 完封0 奪三振400(率10.65) 四球108(率2.88) 死球14 暴投9
本塁打25(率0.67) 被安打250 失点99 自責点88 whip1.06

 

2007年度

登板63 64回1/3 防御率1.40 2勝 1敗 39S 1H
奪三振78(率10.91) 四球13(率1.82) 死球3 暴投0
本塁打5(率0.70) 被安打33 失点10 自責点10 whip0.72

 

特殊能力について

※主に2007年度の成績を基に設定。

対ピンチB 打たれ強さB
LOB%79.59%
1-{自責点/(被安打+四死球)}(%)で計算した参考数値です。
 ⇒ 1 ‐{10/(33+16)}= 1 ‐ 0.2041 = 0.7959 = 79.59%
LOB% ・・・ 投手が出したランナーのうち、ベース上に残ったランナーの割合(残塁率)を示す数値。
高いほど、ランナーを出しても帰さない、粘り強い投手という事になります。

対左打者B
MLB移籍後は左打者を苦にしなくなったという事から、少し強化してに。

怪童 重い球
2010年に速球の被ウェルヒット率(アウトやヒットに関わらず相手打者に良い当たりを打たれた率)で両リーグ3位の.139
奪空振り率で両リーグ1位の33.5%を記録しました。

回復A
シーズン63試合登板。

調子安定
whip(2007年0.72 MLB通算1.06)

キレ〇 リリース〇
スライダーが絶対的な武器だった事から。

逃げ球
本塁打率(2007年0.70 MLB通算0.67)

奪三振
奪三振率(2007年10.91 MLB通算10.65)

闘志
闘志をむき出しにして相手打者に向かっていくイメージからです。

威圧感
2007年敬遠0回

ムード〇
下記の逸話から。

MLBでクローザーとして活躍していた2006年、チームが地区優勝を争う相手との直接対決。試合終盤の9回表に救援登板した斎藤選手は、3失点を喫してしまいます。ベンチに戻り、悔し泣きをしていた時、チームメイトが「お前がいたからここまで来られたんだ」「俺達が点を取ってやるから見てろ」と斎藤選手を励まします。
そして9回裏、
奮起した味方打線は、4番打者からの四者連続本塁打で同点に追い付き、延長10回裏にノマー・ガルシアパーラ選手がサヨナラ2ランホームランを放つ神懸かりな勝利。ノマー選手は以前にもサヨナラ満塁本塁打を放ち、斎藤選手に白星を付けた事がありました。

斎藤選手曰く「絶対に忘れられない大切な試合」だそうです。

 

顔設定

f:id:negaigoto330:20181008143755j:plain

 


以上です。長い記事に最後までお付き合い頂きまして、
ありがとうございました。